チアシードの歴史

チアシードの歴史

メキシコのアステカ民族は、チアシードが主要な食糧でした。アステカ宗教においてチアシードは神様に差し上げるものでした。

アステカ社会では、町から町をつなぐメッセージランナーが通信手段でした。持ち運びが容易で摂取しやすいチアシードは、メッセージランナー達の主食して使用されていました。現在、メキシコに居る100マイル(160km)のウルトラマラソンでよく優勝をする「タラウマラ」の人々はチアシードを常に食しています。

farmers in field

アステカ民族には毎日の食生活にチアシードが重要でした

  • 伝統的な飲み物は「チアフレスカ」:水にチアシード、ライム、蜂蜜やアガベシロップです。
  • 「食パン」のトルティーヤにチアシードを使いましたと言われます。
チアシードレシピ