チアシード:機能性食材

チアシードの調理法

チアシードの高い水分吸収力:

液体の中にチアシードを浸すと、その液体の風味と色がチアシードに浸透します。例えば、100mlのフルーツジュースに10gチアシードを加えかき混ぜ、5分程度が経ってからもう一度混ぜると均一な色と味そしてプルプル感ができます。その他、コーヒー・ミルク・ココナッツかアーモンドミルク・コンソメかスパイス入りの水・などにも使用して頂いても同様の触感になります。
パン生地に、チアシードをそのまま追加しても、チアシード中の水溶性食物繊維は液体を吸収しますが、水分量の調整なく仕上げることができます。また、チアシードが含まれている生地を軽くするには、ベーキングパウダーなどの追加での調理使用も可能です。

卵アレルギー・グルテンのアレルギー・ビーガンの方におすすめ

水(大さじ4~6杯)+「チア=ライフ」のチアシード(大さじ1杯)=卵1個分の代用としての調理も可能です。後、大さじ2杯のリンゴすり下ろし+大さじ1杯のチアシードは卵1個分の代用としてレシピに使います。

applesauce-chia-with-closeup-2

増粘剤として使用:

栄養を改善することだけではなく、 スープやカレーにチアシードを追加することでそのとろみがつき、またソースなどへの使用は、液体200ml程度に対してチアシード大さじ1を加えるだけで簡単に栄養価も高めて楽しんでいただけます。